インテリア・プロダクト分野 山下研究室
A17AB082 竹田 あすか takedaasuka
研究形式
制作

たゆらぎ ー中立姿勢で揺れる椅子ー

作品のコメント
コメント:たゆらぎチェアでは様々なポジションを取ることができ、横たわるだけでなく、軽く腰掛けたり、揺らしたりなどの使い方がある。背もたれに寄りかかり横たわれば、中立姿勢の取れる寝椅子となる。起き上がった状態で腰を掛ければ、読書や音楽鑑賞など休息時の椅子として揺れながら座れる。椅子に対して横向きに座ればベンチとしても活用できる。日常生活の心休めるくつろぎの時間を、たゆらぎチェアでより有意義に過ごしてほしい。

テーマ:ハンモックやロッキングチェアのような「揺れ」を活用した家具が数多く存在する。身体的な負担を軽減して精神をリラックスさせる「中立姿勢」という姿勢がある。本研究ではNASAの提唱する中立姿勢に着目し、心地良い揺れと組み合わせた椅子を提案する。従来の椅子に応用されてきた揺れの性質や研究事例をもとに室内で使用される家具に適した揺れを検討し、中立姿勢の角度を参考に制作する。