インテリア・プロダクト分野 加藤研究室
A17AB015 伊藤 舞花 itoumaika
A17AB097 野尻 紗絵香 nojirisaeka
A17AB147 楽晨 rikuruutsun
研究形式
設計

Tigger ~未来を変えるちいさなきっかけ~

作品のコメント
・テーマ
昨今の著しい技術の進歩によりモノの豊かさが増える一方で、日本人の多くは一日のほとんどを労働に費やし、20代~50代の働き世代の自殺や過労死が珍しくない。そんな現状を打破するために、建築的アプローチから生へのトリガーを与えることを目的とし、KJ法により人の心が解放される要因を明らかにした上で空間設計を行った。

・コメント
卒業設計をするにあたって、人生を通して向き合っていけるものにしたいという思いがありました。このような重いテーマを選ぶことに葛藤はありましたが、自分たちや身の回りの大切な人がいつそのような状況になるか分からない世の中だからこそ、目を背けずにまずは向き合い、考えることが必要だと思いました。今回考えたことが将来形を変え、誰かのトリガーになることを信じて、これからもブラッシュアップし続けていきたいです。