建築・住居分野 村上研究室
A17AB100 橋本 京果 hashimotokyouka
研究形式
設計

波紋 ー異文化理解を導くまちのサードプレイスの提案ー

作品のコメント
卒業研究のテーマ:
日本の労働人口の減少と、外国人労働者の必要性に着目し、外国人がいて当たり前なまちを創造することを目的として、研究を行った。支援施設をまちに分散配置し、中心となる核施設を設計することで、町全体での異文化理解力の向上を目指した。

コメント:
現在の日本の問題に着目し、それを解決するためのプログラムと設計を行うことは初めてだったが、ゼミの先生や仲間など、さまざまな人の協力により、研究を進めることができた。卒業研究を通して、たくさんの知識や技術を得ることができた。