アパレルメディア分野 石原研究室
A17AB116 古田 まなみ furutamanami
研究形式
制作

アパレル製品の防災グッズへの応用  ~ 水害に配慮した履き物への展開 ~

作品のコメント
「卒業研究のテーマ」
地球温暖化により年々増加傾向にある風水災等の気象に関連する災害に焦点を当て、避難時にがれきやガラスで脚を怪我することによって感染症に発展する、長時間水に触れることで低体温症になるといったことがないよう、本制作では自由に丈を調節することができ、さらにおしゃれ用としても着用可能にするために安全性とデザイン性を兼ね備えた履き物を3種類制作しました。


「コメント」
災害時だけでなくおしゃれ用としても着用することのできる安全性とデザイン性を兼ね備えた履き物の制作に当たって、素材選びに苦労しました。試行錯誤を繰り返した結果、伸縮性のあるストレッチレザーとニットを用いることで、履き心地が良く、なおかつ日常生活において着用しても違和感のないようにしました。本作品を通して改めてより多くの人が災害への意識を見直し、防災への関心を持つきっかけとなれば幸いです。