アパレルメディア分野 上甲研究室
A17AB117 美優 horimiyuu
研究形式
論文

SDGsを配慮した市販のエコ洗剤の家庭洗濯における洗濯特性

作品のコメント
[卒業研究のテーマ]
「安全な水とトイレを世界中に」や「海の豊かさを守ろう」といった水質に関するSDGsの開発目標に着目し、生産過程の環境配慮や製品成分中の化学物質の削減が行われ、エコ洗剤として市販されつつある洗濯洗剤を使用した家庭洗濯の洗浄性を知ることを目的として、洗濯物の種類や重量、水量などの洗濯条件がどのような影響を及ぼすのか検討することにした。

[コメント]
本研究を通じて、家庭洗濯において洗浄効果に影響する因子を理解することができた。また、エコ洗剤の洗浄特性から、今後の環境配慮した洗濯洗剤成分の選択と洗浄率の向上に余地があると感じた。現在、アパレル産業はSDGsの開発目標達成に向けた取り組みを進めている。衣生活を営む消費者の一人ひとりが、製品の環境影響や人材をはじめとした社会背景について関心を持つことで、課題解決意識を浸透させていく必要があると思う。