アパレルメディア分野 井上研究室
A17AB108 平工 莉子 hirakuriko
研究形式
論文

劣化した布の曲げ、表面特性に関する研究

作品のコメント
卒業研究のテーマ
本研究では、経年劣化や洗濯で劣化した衣服や製品の中で、使用不可な状態まで劣化した布を収集し、それらを試料とし実験を行う。これを評価する方法として、力学特性の変化を捉えることにした。なお、同じ布の中で劣化の激しい試料と少ない試料を使用し、曲げ測定と表面測定を行い、劣化した布の力学特性について検討をすることを目的とし、実験を行った。

コメント
 今回の研究を通して、器具の使い方や、実験のレポートまとめなど、今までの講義で学んできたことを活かすことができました。また、劣化した布を使用する研究だったため、使用不可能までになった試料を集めることが大変でした。しかし、実験を通して研究結果が数値で表れたときの達成感などがあり、楽しかったです。