建築・住居分野 松原研究室
A17AB033 片岡 理沙 kataokarisa
研究形式
企画

日本料亭で衣食住の文化に親しむ -松楓閣リーフレット&SNS 発信-

作品のコメント
テーマ
松楓閣は100年以上前に覚王山の地に誕生した名古屋市内でも指折りの日本料亭で今も伝統と格式を守っている。2006年には本館と離れが有形文化財に指定された。しかしながら、日本料亭は近年経営環境が厳しくなり、衣食住の日本文化を今に伝える場が消滅していくことが危惧されている。そこで日本文化の継承に寄与するため松楓閣を紹介するSNS発信とリーフレットの作成を企画した。

コメント
この企画を通して、料亭松楓閣をご存知の方だけでなく、今まで料亭に関心のなかった方や、SNSの発信を通して若い世代の方々にも存在を知ってもらい、料亭文化に触れてもらうことで日本の衣食住の文化的魅力を再認識してもらうことができたと感じました。この企画が、日本文化の継承に寄与することを願いたいと思います。