インテリア・プロダクト分野 橋本(雅)研究室
A17AB150 渡辺 結香 watanabeyuka
研究形式
企画

つのがる ‐角鹿小中学校を対象としたインテリアデザインの提案‐

作品のコメント
〈テーマ〉
本研究は、今年3月竣工予定である福井県敦賀市立角鹿小中学校におけるトイレや教室・廊下の内装計画及びサイン計画です。
東畑建築事務所が設計した建物に対し、6歳から15歳までの児童・生徒の、発達段階に配慮した計画をすること、また、伝統を受け継ぎ、地域に愛着がわくようなデザインを提案し、地域の特色を活かした小中一貫校の新しいモデルを提案することを目的とします。

〈コメント〉
小中一貫校の内装計画に携わるという大変貴重な機会をいただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
東畑建築事務所の久保さんをはじめ、雅先生、メーカーの方、職人さんと共に、一丸となって「これから通う児童・生徒を想い、考える」経験は、仕事に対する責任や情熱を学び、達成する感動を味わう、またとない経験となりました。
この研究で培った力を糧に、社会に出てからも成長し続けたいと思います。